メッセージをどうぞ




10月31日はハロウィン、日本ではもう明日ですね。少し前にヘダーをハロウィン風に変えましたが、 気づいていただけましたか。今日は、私たちにもすっかりお馴染みとなったハロウィン、 子どもの頃夫が大好きだったハロウィンのお話をしようと思います。 その起源については、またの機会に。


[かぼちゃを選んで jack-o'-lantern を作る]
ハロウィンといえばかぼちゃ。 Jack-o'-lantern(ジャック・オー・ランタン)を作るのに必要です。 そこでアメリカでは10月になるとすぐ、8キロくらいまでの小さいものから、なんとまあ、 30キロ以上の大きなかぼちゃがお店に並んだり、空き地にずらっと置かれます。 重さによって値段は異なりますが、安いので、各家庭では好みの大きさのかぼちゃを選びます。

Jack-o'-lantern を作るには、まず上の部分を切り取り、 中の種や繊維を取り出します。それから、外側に鉛筆で思い思いの目や鼻や口を書いて顔作り、 楽しい作業ですね。輪郭に沿ってナイフで切り抜くのは、上の部分と同様大人の役割です。 Jack-o'-lantern にいれる灯りは普通ろうそくですが、かぼちゃの後ろの部分を切り取って、 電球を入れることもできます。

[大人は楽しむ]
銀行やお店などは、ハロウィン前に窓を、くもの巣や骸骨などホラー映画のようなキャラクターで飾り、 当日は働いている人が仮装したり顔を作ったりしますが、 大人たちの楽しみは何と言ってもコスチュームパーティをしてお祭りさわぎをすることです。 ハロウィンの日が平日であれば週末の夜に行われるこの仮装パーティは、 毎年テレビの全国ニュースで取り上げられる、一大イヴェントです。

[子どもはもっと楽しむ: 夫が心底楽しんだハロウィン
ハロウィンの前の土曜日に、小学校の校庭か体育館でハロウィンパーティが行われます。 子ども達は仮装したりしなかったり、好きな服装でやってきて、 親が作って寄付したクッキーやカップケーキを買ったり、 テーブルで券を買ってゲームをして楽しみます。ゲームに勝てば景品がもらえます。 またコスチュームコンテストをする学校もあり、 ベストコスチューム賞に選ばれた子どもには賞品が用意されています。子ども達が払うお金は小額で、 それはPTAの活動資金となります。


いよいよ10月31日のハロウィン、子ども達は皆仮装します。 昔からあるコスチュームは魔女、おばけ、骸骨ですが、黒猫でもスーパーマンでも何でもいいので、 まず好きなテーマを決めて、スーパーや日常雑貨のお店で衣装を選びます。 大切なことは、工夫をこらし、自分のコスチュームを作ること。 4年生にもなるとコスチュームを手作りする子もいたそうです。 (どの子も同じはっぴを着て鉢巻きをしめる、日本のお祭りとは随分異なりますね。)

太陽が沈んだころ、思い思いの変装をした子ども達は友達と集まります。 ハロウィンの夜の始まりです。家々では jack-o'-lantern に灯りを入れて玄関口や窓際におき、 キャンディを用意して子ども達を待っています。子ども達は大きな紙の買い物袋などを持って、 玄関のドアをノックして、 Trick or treat! (トリック・オア・トリート)と言います。

日本では「お菓子をくれないといたずらするよ」の訳になっていますが、面白い話があります。 ある年のハロウィンの夜。夫と友達が Trick or treat!と言ったら、それを 「子どもが芸をしたらキャンディをあげる」のように取り違えた家があって、 皆ジャンプしなければならなかったそうです。 それを聞いて、思わず声を上げて笑ってしまいました、私。

夕方5時半〜6時頃から9時頃まで、子ども達はお菓子の獲得に懸命になるのですが、 ご近所だけでなく離れた場所に出かけることもあります。 お金持ちの住むところはいいキャンディがもらえるかもしれませんし、 より安全かもしれません。安全という点では、夫の子どもの頃は、 ロサンジェルスでも子ども達だけで各家を回ったそうですが、その後大人がつくようになりました。


この楽しい行事に参加できるのは12歳までの子どもです。 「これで1、2週間分のキャンディを集めました」と、笑いながら楽しそうに話す夫の言葉に、 私はびっくりしました。半端な量ではありません。私が少量の食べ物しか用意しないので、 今は亡きグレース(義母)からけちだと思われた話をしましたが、 (興味のある方はクリックを) ほんと、アメリカ人は気前がいいです。とはいえ・・・

グレースと私たちは jack-o'-lantern は作りませんでしたが、 たくさんのキャンディを用意し、居間のライトを消し、 窓辺と玄関に灯りをともして子ども達の訪問を待ちました。 でもでも。すぐ近所の夫の幼馴染の家は、この時間帯は昔っから真っ暗にしているとのこと。 キャンディはあげないよ、というサインですね。ついでに言っちゃいますが、 日本人女性を妻を娶ったこの幼馴染、度を越したけちです。

[最後に]
クリスマスや感謝祭と違って、ハロウィン料理はありません。 (アメリカではかぼちゃのパイは感謝祭の食べ物と考えられています。) Jack-o'-lantern の中はろうそくで汚れていますので、ハロウィンの飾りとして使われた後、 翌日捨てられます。でも食べられる種類のかぼちゃであれば、 表面のろうそくを削ってきれいな実を切り取り、 turnover と呼ばれるパイの詰め物に利用したり、 種を自然乾燥またはオーブンで乾燥させて、その実を食べる人もいるようです。

10/30/2014




 お久しぶりです。ライラックです。

 格別な用事があるわけではなかったが、A子から電話がかかってきた。
A子「ご無沙汰しているけど元気?」
私 「まあまあかな?実はちょっと前に肋骨が折れちゃってね……。」
 私がまだ話を続けようと思っていたのに、そこまで話すと、
A子「肋骨が折れた?そんなの全然心配ないわよ。肋骨って簡単に折れるんだってよ。 私の友達も自転車にぶつかって肋骨が折れたんだけど、肋骨の骨折って手当の仕様がないんだってね。 日にちが薬だからそのうち治るわよ。大丈夫よ。気にしなさんな。……」

 彼女の「大丈夫、心配ないわよ。」がまた始まったと、心の中で苦々しく思いながら、 しばらく黙って聞いていた。私は肋骨が折れたことを労ってもらおうなどとはさらさら思っていなかった。
 ただ、自分でも信じられないほど、いとも簡単に肋骨が折れたことを伝えたかっただけである。 レンジ周りの壁を上から下へと拭いてきた時にポキッと妙な音がしたと思ったら、右胸に痛みが走った。 一瞬何事が起こったか訳がわからなかった。右手を動かすとかなり痛い。もしかして骨折? そんな馬鹿な?と思いつつ、整形外科へ行ったら案の定肋骨が折れていた。
 胸に湿布を貼り、コルセットを巻き、痛みがひどい時には痛みどめの薬を飲み、 安静にしているよりほかに治療の方法はないとのことだった。まさに日にちが薬、 自然治癒を待つのみである。

 A子と私は姉妹のように親しい間柄である。彼女はお人好しで、他人の悪口もほとんど言わず、 物事を決して悪くとらず、愚痴も言わず、何事にも前向き思考の見上げた心がけの人である。 にも拘らず、時折A子と話をした後、心にもやっとしたものが残り、 気分がすっきりしないことがある。
 それは『物言わぬは腹ふくるるわざ』の言葉どおり、 私の話を最後まで聞いてくれない不満と体調が思わしくないなどと弱音を吐いた時に、 医者でもないのに「大丈夫。心配ないってば。マイナス思考はやめた方がいいと思うよ。 貴女よりひどい人でもちゃんと治って元気に頑張っている人がいるんだから…。」と、 私の全く知らない人まで引き合いに出して励ましてくれることである。 しかし、その重たい親切にかえって私の気が滅入り、釈然としない思いが残るのである。

 かなり前にエッセストの飛鳥圭介氏が『癒し』という題で、中日新聞にこんなことを書いていた。 大筋は次のようであったと記憶している。


 私はこの記事を読んだ時、我が意を得たり、 まさに私の気持ちを代弁してくれていると思った。

 話が飛躍するが、友人の薦めもあって、徒然草を気の向くまま拾い読みをしてみた。
 学生の頃、私は徒然草に書かれた『もののあはれ』や『無常観』など、 作者の人生観にあまり共感を覚えることはなかった。しかし、友人の言うとおり、 その内容は多岐にわたる上に含蓄があり、物の見方が実に多面的で、時には胸がすく思いさえした。 これも歳を重ね、様々な経験を経て、私のものの見方、 考え方が変わってきたからかもしれないなどと思いながら読み進めていた時のことである。
 第12段に書かれた次のような文章に心を引かれた。



 作者の吉田兼好のいうとおり、同じ価値観を持つ気の置けない人と腹蔵なく愚痴などを語り合えることは、 たとえようもない悦びであろう。しかし、そんな人はめったにいないのも現実である。 人間とはネガティブな意味ではなくとも、本来孤独な存在であるのかもしれない。
 この人ならと心の内を話してみたものの、思っていることが相手に理解してもらえず、 後悔の念に苛まれ、 こんなことなら今までどおり当たり障りなく付き合っていればよかったと思うことは誰しも経験することではないだろうか?
 さりとて自分の苦しみを胸の奥にしまいこみ、我慢することにも限界がある。心が折れそうな時に、 愚痴などを黙って聞いてくれ、優しく寄り添ってくれる人がいることは、この上なく嬉しく、 ただ聞いてくれるだけで、心が満たされる思いがするのは私だけであろうか?

10/23/2014




ご無沙汰しております。ちゃたーです。
今日は、NHKのテレビ番組「ららら♪クラシック」(9月6日放送)の後半で、 ピタゴラス様に悩まされたお話をいたします。 まずは下記の「ららら♪クエスチョン」とその解説をどうぞ。

***

ららら♪クエスチョン: ピタゴラスが音楽について唱えた説、
                                 「○○は音楽である」の、○○とは何か
                       答え: 宇宙

<宇宙のハーモニー>

実は古代ギリシャでは、宇宙と音楽のしくみは同じものと考えられていました。 「宇宙には完全なハーモニーとリズムがある」 古代ギリシャの数学者ピタゴラスは、星は動きながら音を出し、 宇宙は音楽を奏でているという説を発表。この考えは学者の間で広がり、哲学者プラトンは 「宇宙は音階に従って創成された」 と語りました。 宇宙のハーモニーとは? その秘密を知るために、人々は音楽のしくみを、 物理学や数学など様々なアプローチで解き明かそうとしました。 その研究は中世〜ルネッサンス時代のヨーロッパに影響を与え、 調和を意識した響きの美しい音楽が次々と生まれました。 ヨーロッパの音楽をたどると宇宙にまで行き着くんですね。

当日の番組サイト より ー   


『宇宙は音楽である』
シンプルで美しくて深遠で、まるで詩の一節のようですね。大胆ですね。意味がわからないですね。 私、この説に戸惑ってしまったんです。混乱から抜け出そうとして、私が、

 ☆ この説は、科学的仮説か

とまず考えたのは、宇宙といえば科学、説といえば仮説しか思い浮かばなかったから。 でもこの仮説には、観察(思考)→仮説→実験→考察といったプロセスは見当たりません。

 ★ 科学的仮説じゃないのなら、正体は何か

それを探るため、私はインターネットに助けを求めました。 ピタゴラスといえば「ピタゴラスの定理」。そこから検索です:

 ☆ 公理: 公理とは、議論を始めるための出発点となる主張である。
公理は証明できないが、明らかに真であると思われるものを採用することが多い。 ただし、明らかに真であるとは言い切れないものを公理として採用することもある。


公理の定義を読んで、私の頭に浮かび上がったものがありました。 存在すら忘れていた、論理学や哲学という学問、演繹法や帰納法という方法です。

 ★ 実験による検証のプロセスが必要である科学とは別の方法もある

『宇宙は音楽である』って「そちら系」なのね、そしてこの説が『明らかに真』だから、 古代ギリシャの学者たちは受け入れたのね、と、ちょっと嬉しくなった私ですが、 それでもすっきりしない頭の中。

そちら方面に進むという選択は思いつかなかったので、私は更に検索を続けました。 そして次のことを知りました:

ピタゴラスは観察と実験を重視したこと。また秩序ある宇宙を「コスモス」と名付け、 (多分、月蝕時に月に映る地球の影がカーブを描いているのを観察して) 地球が球体であると唱えた最初の人物であったこと。

まず馴染みのある『観察と実験』ということばに反応したのですが、それはさて置き。

これを読んだとき私は、数学者であり哲学者でもあったピタゴラス様の偉大さを実感したのでした。 そして同時に、彼の『宇宙は音楽である』という説は奥深く、「そちら系」だけでなく、 古代ギリシャの思想や学問全般への高い知識や教養がなければ理解できないのだ、と悟ったのでした。

 ★ 私の混乱の原因は、私の無知にあった

呆れて笑うしかないですが、私、これでめでたく悩みから開放されました。 やれやれ、です。『宇宙は音楽である』から出発して、 古代ギリシャという時代や精神を探る未知への旅に出よう、ピタゴラス様とお近づきになろう、 などという気力はまったくわいてきません。ですが、それでも・・・

『宇宙のハーモニー』には、『星は動きながら音を出し、 宇宙は音楽を奏でている』のように、ロマンチックというか、神秘的な響きがあります。 そして、音楽を通して宇宙の謎を解こうとした古代ギリシャの天才たちは、詩人みたいです。

 ☆ ああ、古代ギリシャとはどんな世界だったのだろう・・・

そう思ったとき、宇宙ほどに異星人のように、 はるか彼方の存在であった古代ギリシャと古代ギリシャの人々が少し身近に感じられました。 もっと夜空を見上げて宇宙と音楽を感じてみよう、 そして彼らの世界に思いをはせようと、そんな想いを強めた私です。

10/16/2014




唐突ですが、私、「ららら♪クラシック」というNHKのテレビ番組のファンです。 今年の中秋の名月はいつもより早く9月8日でしたよね。9月6日のこの番組では、 中秋の名月にちなんで「夜空を見上げて」がテーマだったのですが、 前半のタイトルは「月に届けられた名曲」。夜空と思ったら、 実はその彼方にある宇宙のことだったんです。そして「月に届けられた名曲」とは、 実際に宇宙空間に響いた音楽のことでした。

私、知らなかったのですが、NASAの管制塔では宇宙船への連絡に使う電波にのせて、 「ウェイクアップコール」と呼ばれる音楽を届けているのですね。その記念すべき1曲目は、 1965年のジェミニ7号の宇宙飛行士に贈られた、 ベートーベンの交響曲第6番「田園」だったそうです。 アポロ11号が人類初の月面着陸を果たした年が1969年ですから、 そのときにはもう音楽は地上と宇宙を結んでいたのですね。

番組では、アポロ17号(1972年)に届けられた音楽としてワグナーの 「ワルキューレの騎行」が紹介されました。 映画「地獄の黙示録 Apocalypse Now」 (フランシス・フォード・コッポラ監督 / 1979年制作)の、 とても戦闘的なヘリコプタのシーンを思い出しますね。

そして次に紹介されたのが、アポロ15号(1971年)に届けられたリヒャルト・ストラウス作曲の 「ツァラトゥストラはこう語った」。宇宙船にいる飛行士だけでなく、 命を落とした宇宙飛行士への追悼のために流されたとのことです。 名画「2001年宇宙の旅 2001: A Space Odyssey」(スタンリー・キューブリック監督 / 1968年制作) の冒頭で流れたときの衝撃は忘れらないのではないでしょうか。

さてこの間、おしゃべりやら挿入された曲があり、 それも楽しんでいるうちに「ららら♪クラシック」の前半が終わりました。 そしてドビュッシーの「月の光」(ピアノ: 児玉桃)のすてきな演奏が始まると・・・

我が家の2階の寝室の窓からは、月とその光を反射して銀色に輝く三河湾が見られます。 日々の雑音にかまけて、最近は夜空をじっくり見上げなくなっていたのですけれど、 その幻想的で美しい夜景と、夫と共にそれに感動していた自分を思い出しました、私。

私の中で宇宙が、神秘的で詩的でロマンティックな響きを奏で始めたみたい・・・なんて、 ピアノ演奏を聴きながらしばしこんな感傷に浸っていた私ですが、でも番組の後半 「天体のリズムとハーモニー」が始まると、それはどこかに行ってしまいました。 宇宙という人類の未来へも思いをはせていたのに、いきなり古代ギリシアの世界に飛んだんです。

後半は、偉大なる数学者ピタゴラスの言葉から始まりました。
「宇宙は音楽である」

そう言われて戸惑った私ですが、そのお話はまたの機会に。
ではでは。

9/20/2014




こんにちは。お久しぶりです。ちゃたーです。

ゲストの方お二人のシリーズを7月・8月と掲載し、終わってみればもう9月。
長い休暇から帰ってきた気分でブログに向かっています。でも遊んでいたわけでなく (なんて、別にどうでもいいことですけれど)、 その間トップと一覧のページ用の秋の模様替えを考えておりました、私。

この秋のデザイン、如何でしょう。夏同様、「かわいい北欧のデザイン素材集」 からの画像を使って作ったのですが、にぎやかな両サイドのデザインと比べてヘダーの、 森の動物たちの影が薄いかも。このキツネさんは「記事の一覧へ」にも登場しますので、 どうぞ彼にも Hello! と声をかけてくださいね。

さて7月末でこの「英語アラカルト」も一周年を迎えました。はやいものです。 ゲストの方の記事も増え、私、とても幸せです。ゲストの方は文もお上手ですし内容も豊富で、 別の世界に触れる喜びを味わうことができます。また、私の記事はほとんどテキストだけですが、 ゲストの方の記事にはイラストや写真、音声が入っていて、もっと世界が広がります。

ライラックさんからの記事で始めて画像処理を試み、 セロ弾きゴーシュさんの記事で音声ファイルの再生、FFF1 さんでは写真の拡大、 ドラキチさんの「四国お遍路の旅」では、一つであった中央のテキストセルの3分割と、 この一年、新しい課題が与えられて緊張しましたが、 記事をアップするたびにゲストや読者の方との結びつきができていくようで嬉しかったです。
ありがとうございました、そして今後ともよろしくお願いいたします。


さてさて。

私にとっての秋の始まりは NFL(アメフト)のキックオフですが、皆さま、 試合をご覧になりましたか。 昨シーズンの王者、シアトル・シーホークスはこの開幕戦でも強かったですね。 最強ともいわれる QB (クォーターバック)を有するデンバー・ブロンコス、 前半はすばらしい戦いぶりだったのに、後半は負けそうな試合展開でしたね。 夫がファンのロサンジェルス、もといオークランド・レーダーズは 32位=最下位 らしい戦いぶりでしたね・・・

NFL のこととなると思わず興奮する私。
次回は秋にちなんだ別テーマで書きたいと思っております。

9/10/2014







↑このページのトップへ