私は、東京方面の新幹線の往復では、なるべく山側の席に座ります。晴れた日なら、富士山がよく見えるからです。 上りのときは、山側の席は2人がけなので、たいてい誰か座っていて仕方なく海側の3人がけに座りますが、 下りで東京駅から乗れば、山側の席に座れます。
 いつも不思議に思うのですが、よく晴れて富士が美しく見えている時、多くの人は、ちょっと外を見るだけで、 すぐに本を読んだりスマホいじりを始めます。
 世界一のコニーデ型の単独峰なのに、どうして見られずにいられるんでしょう。私など、3人がけの席から人の肩越しに眺めたり、 わざわざ席を離れてデッキに出て、乗降口の窓から、見えなくなるまで見たりするのです。 少年時代、初めて東海道線(もちろん新幹線はなかった)に乗って上京したときに見た富士山の美しさの感動は、 今も失われていません。


 ところで、昨年秋、御殿場線に乗りに行きました。昭和の初めまで東海道本線だった路線ですが、 昭和9年の丹那トンネル開通以後、ほとんど忘れられてローカル線化した路線です。


 私は、この御殿場線の東京よりの起点「国府津」(こうづ)から箱根山を回って「沼津」まで乗り完乗しました。 そして乗り鉄としての達成感を味わいました。

  

 しかし、この御殿場線の旅は、乗って見るまで分からなかった意外な収穫がありました。この路線は、箱根山塊を迂回しながら、 富士山の東側に近づき、やがて南側に離れて沼津に着くのですが、途中の車窓からほとんど常に富士山が見えているのです。 駅のホームからも見えます。(写真上右

 車窓からはこんな感じです。新幹線からの眺めよりずっと大きく、くっきりと見えます。(写真左
 そして、ふと思いつきました。鉄道からこんなによく見えるなら、バスでもっと近づいてみよう。

 そこで、御殿場駅で途中下車して、駅前のバスターミナルらしきところにゆき、 切符売り場の窓口で「富士山がよく見えるところまでの切符をください」と頼みました。我ながらいいかげんな言い方だと思いましたが、 窓口の女性は「ハイハイ」と簡単に答え、「ドコソコゆきのバスに乗ってナントカの停留所で降りるといいです」と売ってくれました。
 こんな旅人も多いのかな。切符代は900円くらいだったから、かなり遠いみたいです。期待に違わず、バスはどんどん富士に近づき、 富士はどんどん大きくなっていきます。よく見えるところにくると(ここかな?降りるのかな?)と心配になるのですが、 まだナントカ停留所ではないみたいで、我慢して乗っていると、小一時間してナントカにつきました。

 しかし、たしかに富士に近いのですが、そこはなかなか大きなリゾート風なところで、観光バスもたくさん停車。 人がいっぱい。おおきなマンションがあり、別荘が立ち並び、わずかに林の間から半分くらいが見えるだけです。(写真右

 こんな見え方だったら、途中で(ここかな?)と思ったところの方がずっといい。そこならバス停の名前も覚えています。 「浅間神社下」でした。御殿場行きのバスに乗ってきた道を引き返しました。30分ほど引き返したところが富士浅間神社です。

 バス停から、浅間神社の横をとおる古い石畳の坂道を登って富士の見える場所まで行くのですが、なんと、 この石畳の道は鎌倉時代の軍用道路であった、という説明板が立っていました。人が2、3人並んで歩けるくらいの道幅で、 この道を「鎌倉往還」というのだそうです。写真を拡大して見てもらえば、もっとくわしいことが分かります。 600年前からあった道なんですねえ。英文の説明もあり、英語では Kamakura Highway となっていました。 ハイウェーかなあ、とも思いますが、ま、いっか。

  

 ここからの富士の眺めは最高でした。林があるのは仕方がありませんが、とにかく大きく立体的で、見事です。 東側から見ているので、南側からだと見える右肩の宝永火山のコブもなく端正な姿です。 この写真は望遠レンズではなく、標準レンズですが、まるで望遠レンズで撮ったようになりました。


 ここに来て分かったのですが、ここは富士山登山道の入り口、「須走」なのでした。まさに富士に一番近いところなのです。 切符売り場のおねえさんは、ナントカというリゾートを教えてくれたのでしょう。富士登山をするとは思わなかったのは当然ですが、 私の言い方も悪かった。

 写真は撮りましたが、カメラで撮れない感動の方が大きく、この日の富士を自分の心にも深く焼きつけ、帰途につきました。 新幹線三島駅からの富士は、もはやあの立体感がなく、富士の絵を切り抜いて貼り付けたような感じになっていました。  

4/11/2017    







今回は札幌、函館へ去る3/6〜8まで2泊3日の北海道「道南ツアー」へ友人3人と参加しました。 私自身、昨年2月の道東ツアーに続き、北海道は2回目の旅行でした。今回の旅の主な見所をご紹介しましょう。
 



 

名古屋セントレア空港を午後1時30分発の飛行機に乗り、1時間40分ほどで新千歳空港に到着。 空港からバスで札幌市内へ移動。1時間ほど自由散策。 時計台左写真)、 テレビ塔右写真)を見学しました。 写真で見ていた時計台と比べて、実物は意外と小さいのにはビックリです。 周りの大きなビルに囲まれ、余計に小さく感じられました。札幌市内の中心部は、 テレビ塔もあり名古屋の栄の雰囲気に何となく似ています。 札幌市内の観光を終え、今夜の宿 「定山渓温泉」で旅の疲れを癒やしました。

翌朝、宿の部屋から眺めた風景(写真)は曇り空。外気温は-10℃ぐらいですが、 部屋の温度は28℃ぐらいに設定されていて快適というより少し暑く、夜中に暖房を途中で切って寝たほどでした。 宿を出てバスに乗り、今日はこれから1時間ほど先の昭和新山へと向かいます。

 
1時間ほどで最初の観光地 「昭和新山」左写真)に到着。標高398mとそれほど大きくない山ですが、今でも所々で水蒸気が山肌から出ていて、 この山には現在も立ち入りができません。昭和新山はこのすぐ隣には標高737mの 「有珠山」があり、側火山として形成されました。有珠山にはロープウェイがあり、山頂からは左手に洞爺湖が見え、 雄大なパノラマ景色(右写真)が広がっていました。

さらにバスで2時間ほど乗り、新日本三景の一つ 「大沼国定公園」写真)に到着。ここは函館市から北約16Kmにあり、北海道駒ヶ岳の火山活動でできた景勝地。 冬の時期は湖面も一面、雪に覆われワカサギ釣り、スノーモビルを楽しむ観光客で賑わっていました。

 
再びバスで1時間ほどかけて、今日の最終目的地、函館市内に到着です。時折、雪が激しく降るあいにく天気の中、 最初に函館ベイエリアにある 「金森赤レンガ倉庫」左写真)を自由散策。ここには明治期に建てられた4つの赤レンガ倉庫群フロアがあり、 この倉庫を利用したショッピング街や食事が楽しめる商業施設(右写真)は、外国人など大勢の観光客で賑わっていました。

 
赤レンガ倉庫群から1キロほどにある 元町公園へ移動し、ガイドさんの案内でみんなで歩いて散策しました。ここは函館の港を一望できる素敵な観光スポットです。
 「旧北海道庁函館支庁庁舎」左写真)、かつて 老夫婦が手をつないでダンスしたCMが話題となり、チャーミーグリーンの坂と呼ばれる「八幡坂」(右写真

 
元町公園の小高い丘に建つ 「函館ハリストス正教会」左写真)、 「函館聖ヨハネ教会」右写真
 1時間ほどの元町公園散策を終えバスに戻ると、すでに午後5時を過ぎ辺りもすっかり薄暗くなっていました。 ここから3キロほど先の函館市内にある 「湯の川温泉」が今夜の宿です。

 
 
翌朝、今日でツアー最終日の観光となり、再びバスで函館市内の観光です。 相変わらず天気の変化は目まぐるしく、激しく雪が降っていたと思ったら晴れたりの連続でした。
 最初の観光地は 「トラピスチヌ修道院」左上写真)です。ここは明治31年に日本初の修道院として創立され、 現在も規律正しい自給自足の生活を送る修道女がここで暮らしています。 冬の季節はあいにく入り口付近の限られたところまでしか見学できませんでした。
 続いての観光地は 「五稜郭跡」左下写真)。ここは徳川時代の1864年に建てられた日本初の西洋式城郭で、 今は公園として桜の咲く季節は函館市民の花見のスポットです。星形をした城郭が特徴で、この全景写真はすぐ横に建つ 「五稜郭タワー」右上写真)から撮ったものです。橋を渡って入ると 「函館奉行所」右下写真)があり、大勢の観光客で賑わっていました。
 この後、函館朝市で買い物と昼食をとり、道央道で4時間ほどかけて再び新千歳空港へ向かい、 19時15分発の飛行機で帰宅しました。

4/2/2017    
↑ ページトップへ