幡豆町まちづくり生涯学習推進委員会
          (文中の青字をクリックすると、図表・名簿などが表示されます)      
                  これまでの経緯

1998年6月に発足した幡豆町生涯学習まちづくり推進会議は、大須賀純子委員長(現幡豆町教育委員長)のもと、
周到な準備と努力を積み重ねながら推進計画の構想を立ててきました。そして、2001年度を初年度とし、2005
年度を目標年度とする第1期推進計画「心HAZU夢 郷を目指して」を、 2001年3月に完成しました。

 2002年4月、新しく鈴木一夫委員長となって第二次推進会議が発足し、策定された推進計画に基づいて幡豆町の
生涯学習を盛り上げていこうと、意欲的に活動をしてきました。

 2004年7月、委員の方々の任期更新にともない、第三次推進会議として多くの新しい委員のみなさんの参加をい
ただきました。新しい視点からの展望を期待しつつ、第一期推進計画の2005年度中の到達点を確定してまいりま
す。
               幡豆町生涯学習まちづくり推進のしくみ

 組織図を見ていただくとお分かりのように、推進会議は、推進委員会と専門部会、事務局で構成されます。推進委
員会には、公募に応募されたメンバーをふくめて19人が町長から委嘱されました。

              生涯学習まちづくり推進委員会の目標

  生涯学習という字を見ると、なにかもっと勉強しなければいけないのか、と取り付きにくい印象になりますが
そういうことではありません。これを、生涯「楽習」と書き換えてみると、感じがつかめるのではないでしょうか。
 今まで知らなかったことがわかるようになり、できなかったことができるようになるのは、楽しいことです。しかし、
その楽しみは、誰かが持ってきてくれるものではなく、自分から探しにでないと味わえません。「楽」探しの道筋を「学」
と考え、その道筋をたどりやすくするのが、生涯学習まちづくり推進委員会の役目となります。そして、生涯学習という共
通の輪の中に、1人でも多くの方々が参加し、豊かな自然に包まれた幡豆町を愛する人たちが1人でも多く増えるように努力
することで、まちづくりの輪を広げます。

 まちづくりの具体的な目標としては、幡豆の地域性を生かし、幡豆にしかないものを見つけて幡豆のよさを広く知っ
てもらうことがあります。知っているようで知らない幡豆町のよさを改めて学ぶこと は、まさに生涯学習のよい題材
といえます。

 かつてこの委員会の研修のために招いた講師の言葉で、深く印象に残ったものがあります。それは
「町おこし、町づくりにには よそもの、わかもの、ばかもの がいなくてはならない」というものでした。新しい視
点、若々しい力、利害を超えて協力できる心 と言い換えてもいいでしょう。幡豆町の発展は、だれかにやってもらう
のではなく、自分たちが動いてこそ実現できるものです。いっしょに行動しようではありませんか。
                      幡豆町生涯学習まちづくり推進委員会

                                    委員長 鈴木一夫

                     
                      まち部会の紹介

 私たちは幡豆の町に住んでいますが、幡豆町のすべてを知っている訳ではないと思います。幡豆にはこんなところがあり
こんな歴史があり、こんな物語がある。まち部会では、いま一度幡豆について考え、再認識したいと思います。

 日頃よく通る道も、ゆっくり歩いてみると今まで見えなかったものが見えてくると思います。こんなところにこんな家が
あった、こんな所に石碑があった、など身近なところにも発見があります。

 もっともっと身近なことを知り、もっともっと幡豆を知りましょう。こんなことを、幡豆に住む人、また町外の人たちに
アピールして行きたいと思います。

                                           まち部会長 高須寛人

  

                        ひと部会の紹介

 私たちの町には色々な特技、知識、経験を持っている方がたくさんいらっしゃいます。私たちの町・幡豆町は人と人とのつ
ながりが強いという良さを持っています。その良さを生かして、人と人との関わりを広げていくことで、心豊かな幡豆町にで
きると考えています。
 そこで、私たちひと部会では生涯学習人材バンク「はずみんぐネット」に登録されている方を中心に、幡豆町の良さを生か
し学びの輪を広げる活動を進めていきたいと考えています。そして、私たちの取組みが、「人と人とのつながりを広め、学び
合えるまちづくり」につながることを願っています。

                                          ひと部会長  嶋崎 徹
                        ゆめ部会の紹介         

  このたび、幡豆町生涯学習まちづくり推進会議委員に委嘱されました。私がなぜ、という疑問がありましたが、上手に
勧められて引き受けることとなりました。

 私は、現在「はずボタニカルアートの会」で、中央公民館において月1回深谷先生のご指導のもと、メンバーとともに
楽しく学んでおります。定年後の余暇活用ということで始めましたが、いわゆる生涯学習であると思います。

 町内には、趣味として、個人あるいはサークルでいろいろなことを学んでいる人がたくさんみえます。自分の楽しみと
か、充実感のためということもあって楽しく学んでみえることと思います。

  生涯学習というと、現役を退いて時間がある人が行うものと思われがちですが、もちろんそういう人を含め、こどもか
ら大人までのあらゆる人々が、自分の生涯を通して、楽しみながら学ぶこと、そこに喜びがあると思います。学ぶことは、
ただ自分のことだけでなく、そのことが人々との出会い、つながりとなり、ひいてはまちづくりになってゆくものと思いま
す。

 専門部会のひとつである「ゆめ部会」に属しましたので、町民のみなさまに夢を与え、元気の出る生涯学習の企画ができ
るよう、検討してまいりたいと思っております。ご意見をお寄せくださいますようお願いいたします。

                                           ゆめ部会長  鈴木 努