東幡豆町「小見行組」写真日記 (沖島、草刈清掃)H27
2015/10/4

  またやってきました島の大掃除。毎年行っている沖島(昔の猿ヶ島)弁財天の祭礼が10月11日(日)に開催されるので、10月4日(日)に開催しました。
本当は先週の9月27日の予定でしたが、雨天で今日に延期となりました。今日はすっかり、秋晴れのいい作業日和になりました。
今年の作業は本郷組町内会が当番で、各世帯総出で作業です。
  先週の雨、10時にはすっかり上がり、延期が残念でした。役員は、雨が止んでから,島に向かいました。桟橋の取付と草刈作業です。
このおかげで、4日(日)の作業がスムーズに進みました。
 


  8時半集合です。三々五々に集まってきます



  小見行組鳥居組長から、挨拶と注意の話しが
あって作業に掛かります。高齢や脚の悪い人は、
島へ渡らず津嶋社の清掃作業を行います


  観光漁船をチャーターして沖島まで出かけます
定員もあるので3便に分けて出かけます。わずか
左端に見えるのが沖島です

  1年間、積もった枝や落葉を踏んで、上がってい
きます。今年も襲来した台風に耐えた無人島です

  参道、境内、拝殿と班を分けて作業をします
境内は背丈を超える草が一杯です。刈り払い機
の出番です


  刈り払い機の後は、片付けです。落葉や小枝も
一杯一杯です

  拝殿の上敷きも埃を叩きます。1年の埃が積
もっていました



  拝殿、本殿の床は水拭きで、ピカピカ?になり
ました。きれいな拝殿、きれいな心で祭礼を迎えます

  たっぷり汗をかきました。小休憩でお茶です
あと少しの作業で終わりになります
  

  積もり積もった落葉もなくなり、すっかりきれいに
なりました。1週間後の10月11日(日)は、賑やかな島に
なります。それまでは静けさを戻します


作業を終えて、迎えの船を待ちます。東幡豆港を船が
出てから、到着までが待ち遠しです。船の向こうに見え
るのは寺部町にある豊田自動織機の研修センターです

   船がようやく到着し乗船します。来たときと同じ
ように3便に分けて帰ります。1週間の無人島になり
ます。1週間は台風の予想もないので、きれいな島で
大祭を迎えられそうです
小見行組写真日記のトップへ